スポーツ・社会・日英協力:過去から受継ぎ未来に繋げる「レガシー」と「おもてなし」

By admin.ciie, 2014年09月02日

一覧に戻る→


スポーツ・社会・日英協力:過去から受継ぎ未来に繋げる「レガシー」と「おもてなし」

「オリンピック・パラリンピック開催により日本経済・社会に残すべき未来への遺産は何か?」

    ◆日 時:2014 年9 月2 日(火) 9:15~15:00 (開場 8:45) ◆場 所:大和証券本店ビル18F 大和コンファレンスホール

【セミナープログラム】

 

9:15-9:25

開会の辞 デビッド・ウォレン卿 (元駐日英国大使、チャタムハウス・アソシエイト研究員) 武藤 敏郎氏 (大和総研理事長、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会事務総長)

9:25-9:50

開会挨拶 ティモシー・ヒッチンズ閣下(駐日英国大使)

9:50-10:30

基調講演 舛添 要一氏(東京都知事) 室伏 広治氏 (スポーツ科学者、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事、アテネ五輪金メダリスト)

【パネル・ディスカッション】

 

10:30-11:40

セッション1 : ロンドンオリンピック・パラリンピックが英国経済・社会に残した未来への遺産

モデレーター:デビッド・ウォレン卿 ニック・バレー氏(Seven46 創業者兼CEO) 及川 晋平氏(全日本車いすバスケットボールコーチ) 鈴木 祐司氏(地域創造基金みやぎ(さなぶりファンド)理事) 土屋 大輔氏(Brunswick ロンドン本社・ ディレクター、元在英大使館広報担当一等書 記官、ロンドン五輪・パラリンピック選手団アタッシェ)

11:40-12:00

基調講演 下村 博文氏(文部科学大臣、東京オリンピック・パラリンピック担当大臣)

13:20-14:55

セッション2 : 東京オリンピック・パラリンピックが日本経済・社会に残すべき未来への遺産

モデレーター:ジェイソン・ジェームズ氏(大和日英基金事務総長) 小宮山 宏氏(三菱総合研究所理事長、元東京大学総長) 左三川 郁子氏(日本経済研究センター主任研究員) 竹内 浩氏(共同通信社編集委員、IOC プレス委員) 有馬純氏(JETRO ロンドン事務所長)(TBC) 木全啓氏(Japan at UK マネージングディレクター)(TBC)

14:55-15:00

閉会の辞 ジェイソン・ジェームズ氏

【主催・共催・協賛】

チャタムハウス主催、大和総研共催

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


※英語と日本語又は自国語でコメントして下さい。

新着イベント